第1回 みずから考える会

一般的に「水」といえば、とても身近な存在ですが、実は知られていないコトが沢山あり、金を溶かし、数億万年もの記憶をもつ不思議な水。そんな、水に関する会社(某有名一流企業)で常務取締役を長年務め上げ、会社の発展に大変貢献されてきた岩上会長を御招きしてのお話し会を11月21日に開催致しました。その内容について纏めてみました。

岩上会長について

体内の水が枯れるから老化すると仰る岩上会長は、79歳にも関わらず顔色も良くお話し会の始まる前にお掃除までお手伝い下さる程、元気で気さくなお方です。なぜお水についての活動を始められたきっかけは若い頃は、1時間に5000トンもの水を使う程のお仕事をされていた頃の罪滅ぼしだそうです。退職してからは、水の事業に多額の費用を投じてこられ今後は、世界の水を綺麗にする隊長として活動をされています。

岩上流運気アップ法

話しの流れで、岩上会長が開催されていた開運塾の話題となり、胸を開くと運が開くというお話を伺うことが出来ました。胸という漢字は凶を閉じ込めると書いていて、胸を開くと凶が逃げていくから運が開くそうです。生きるの語源は息をすることと、呼吸の大切さも教えて下さる、まだまだ進化中の岩上会長です。

初回参加者

参加者9名で岩上会長を中心とした自由な形式での討論会のようなイメージ。

発言したい方が自由に発言し、その問題についてみんなで話し合うような感じです。参加者の中には、大手の水に関する会社にお勤めの方や、金融系の会社を運営されている方、里山の復興事業をされている方、大学生、コーヒー屋さん、貿易会社の方と様々。岩上会長が話した内容に質問があれば、その場で質問する事ができる一方通行ではない勉強会のような感じで自由に楽しんでくれていて、岩上会長のお話のお陰で、参加者の方から来て良かったというお声も頂くことができました。

体も地球もバランスが大切

安心安全な水とは、水道管をまだ通っていない水道局で作られた直ぐの水が最も綺麗で、水道水を8時間おいた水が一番安く、安心安全なお水だそうです。最近はミネラルウォーターが主流となり、高いお水も出回っていますが良いお水ばかり飲むのではなく、たまには水道水も飲んで、体のバランスを保つことが大切だそうです。ゴキブリもカビを食べてくれていたり、善玉菌だけでは生きていけないように、この世は良い悪いではなく、バランスで保たれている為、体の中もたまには刺激が必要な様です。参加者の水のプラントに携わっておられる方も、プラントを一言で例えると、『雑草がいない世界』と表現しておられ、自然の中でバランス良く作られる水が一番素晴らしいと仰っておられました。

この会の名前がついに決定!

健康・農業・経済、全ての事に通ずる、生きる上で最も大切な水には、どんな会のテーマやタイトルが良いかと参加者の皆様で意見を出し合い、健康も経済も農業も水から考える、、水から、、水から、、何を研究するか自ら考えることが大切だから、!?!!!そのままですが、平仮名で『みずから(水から・自ら)考える会』と無事に決定することが出来ました。

水ほど不思議なものはないと仰る岩上会長。濾すスピードで、出てくる水が違う水になる、水の60%は空洞!?など、浄水器の開発や、海外へ普及するビジネスなどに関わってこられた岩上会長だからこそ伺える、ここでしか伺えないお話を堪能させて頂きました。

毎月、水の日に開催予定

今後は、毎月第三水曜日のお水の日に定員12名程で開催を予定しております。水の視点から健康や経済や農業などをお考えの皆様や、ずっと水に興味があった方々、実はこんなことやってみたい!という方など、様々な方々で不思議なお水についてディスカッション出来ればと思います。参加ご希望の方は ご予約受付はこちら

初回にも関わらず、遠方からご参加下さった皆様、本当に楽しく有意義なお時間を有難うございました。